So-net無料ブログ作成

乳児殺害の母、「首絞めてしまう」と3日前相談(読売新聞)

 生後2か月の長女を強く揺さぶり脳に損傷を負わせて殺害したとして、大阪府警に殺人容疑で逮捕された母親の無職武中明日香容疑者(24)(堺市中区)が事件3日前に堺市中保健センターを訪れた際、長女綾音ちゃんについて「最近、育児でイライラして首を絞めてしまうことがある」と打ち明けていたことがわかった。

 極度の育児ストレスが原因とみられ、武中容疑者が発していた“SOS”を、市側が十分に受け止めきれなかった経緯も浮き彫りとなった。府警は17日午後、武中容疑者を送検した。

 司法解剖の結果、綾音ちゃんの死因は外傷性脳腫脹(しゅちょう)で、頭部を強く揺さぶられて脳に障害が出る「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」によるものと判明。逮捕前の事情聴取で、武中容疑者が「SBSは出産後にインターネットで知っていたが、泣きやまないので4回ほど強く揺さぶった」と供述し、府警は死亡の可能性を認識していた「未必の殺意」があったと判断、SBSでの死亡では異例の殺人容疑を適用した。

 捜査関係者らによると、武中容疑者は、綾音ちゃんの死亡3日前の1月22日午後、1人でセンターに育児相談に訪れた。その際、面談した職員に「娘の首を絞めたり、たたいたりしてしまう」などと相談、「赤ちゃんのせいで買い物や自分のしたいことができない。産まなければよかった」と約1時間訴えていた。

 センターは虐待の可能性を疑い、同日中に保健師らが武中容疑者宅を訪問。綾音ちゃんの体に目立ったあざがなく、発育にも問題はなかったが、さらに話を聞くため、事件当日の1月25日午後に武中容疑者に電話し、再訪問を持ち掛けた。

 ところが、武中容疑者が体調不良を訴えて断ったため、センターは翌26日の訪問を約束。武中容疑者はこの電話の約6時間後、夫(23)が不在の間に犯行に及んだという。直後には自ら119番し、搬送先の病院で「ミルクをのどに詰まらせ、背中をさすっていたら息が止まった」と説明していた。

 しかし、武中容疑者は調べに対し、「夜も眠れないほど子育てに疲れていた。夫と交際していた頃の生活に戻りたかった」「夫が積極的に育児を手伝ってくれなかった」などと動機を供述したという。

 センターは「これから話を聞いてかかわっていこうとした矢先の出来事で、非常に残念。最悪の結果を防ぐ手だてがなかったか、検証したい」とし、夫の育児へのかかわりについては、「子育てに果たす役割は重要で、夫にはこれから話を聞いていくつもりだった」としている。

愛知の83歳を原爆症認定…名古屋訴訟控訴審(読売新聞)
クロマグロ 「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)
変死の歯科医、首に傷 本格捜査 浴槽の水飲まず(産経新聞)
けんか祭りの「合戦」廃止=高校生死亡、遺族の意向重視−伊万里トンテントン・佐賀(時事通信)
<公明党幹事長>民主接近を否定「是々非々で対応してきた」(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。